しゅうぴんぐ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

アカデミー賞を受賞というのだから、ついつい気になってみちゃいました。


おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る




楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。


というあらすじ。

本作品は納棺師の仕事を描いています。
いつも死人と隣り合わせのお仕事だから、なんだか「死」だとか「生」などというテーマを
想像しがいがちですが、個人的にはそういうメッセージは感じられませんでした。
とういのも、この映画は「見せる映画」のように思いましたね。

お葬式のときには遺体はきれいに棺に収められていますが、それがどういった仮定で、
またどのような人が収めているのかなんて考えもしなかった。
だからこそこの映画をみたときには衝撃を受けた。
遺体を棺に収めるのにこんなにも丁寧にそして細かい作業をすることに・・・。
それを仕事とする人とはどんな人物なのだろうか。

そういういったものを見せてくれた映画だった。
賞を取ったからうんぬんの話ではなしに是非とも一度見てほしい作品でした。

 ワンクリックお願いします><

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://syuping.blog86.fc2.com/tb.php/71-d7575b12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。